モロッコインゲンのトマト煮

 毎年夏になると、母の実家からみっちみちに野菜が詰め込まれた段ボールが届く。どれもこれも畑から収穫したての力ある新鮮野菜で、その中には必ずモロッコインゲンが含まれている。どう食べるのが一番美味しいかとあれこれ試した結果、今では全部トマト煮にすることにしている。
 刻んだトマト、玉ねぎ、にんにくに最小限の調味料を入れ、オリーブオイルで一時間ほどコトコトと煮込むだけ。出来立てよりも冷やした方がオイルがなじんでとろりと美味しく、いくらでも食べられてしまう。これとチーズ、美味しいパン、冷えたビールか白ワインがあれば夏の夕食は自分にはそれで十分。あとは面白い映画かドラマがあれば・・・・。

銀座でお茶を

 現在、あまりに様子が違ってしまったので、あれは本当に存在したのかなあー、自分の勘違いだったのかなあーとさえ思える店がある。銀座四丁目、三愛ビルに入っていたトワイニングのティーサロンのことだ。90年頃だろうか、有楽町で映画を観た帰りに見つけ、洒落た雰囲気に惹かれて一人ふらりと入ってみた。注文したのは紅茶だけだったと思う。


「お待たせしました」
運ばれてきたのは、ティーポット、ティーカップ&ソーサー、クリーマー、シュガーポット(全てウェッジウッドのワイルドストロベリーだ)、そしてティーストレーナー。たっぷりとした華やかな茶器がテーブルに並んだその眺めは、紅茶ひとつで十分に優雅であった。
 以来、何度もこの店へ行った。お茶よりもランチで訪れることの方が多かった。母を映画に誘って有楽町へ連れ出した際もアフタヌーン・ティーはここでと決めていた。あの、ケーキやサンドイッチを盛り付けたお皿が三段重ねになったやつで・・・・。が、いそいそと母を店へ案内して愕然とした。店がなくなっていたのだ。正確に言えば、クラシカルな風情あるティーサロンから、見知らぬモダンなカフェへと変わっていたのである。
 まあせっかく遥々ここまで来たことだしとそのカフェに入り、銀座の通りを見下ろしながら母と喋りまくった。その数日後、母からこの日が大変楽しかったことを述べるお礼の手紙が届いた。それは母が以前の母だった時にくれた最後の手紙となった。その手紙は今も私の机の抽斗にある。

映画「オペラ座の怪人25周年記念公演 in ロンドン」Ⅱ

クリスティーヌに唇を重ねられたとき、涙の塩辛い味がした。しかし、その涙が
クリスティーヌのものか私のものかは分からなかった。・・・・ 私はもう何も
できなかった。もちろん・・・・・・キスがすべてを終わらせたのだ。

―スーザン・ケイ『ファントム』より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この映画自体に休憩はないが、ロイヤル・アルバート・ホールの休憩時間の映像が流れ、間奏曲が奏でられている間がちょっとした息抜きとなる。
続きを読む

映画「オペラ座の怪人25周年記念公演 in ロンドン」Ⅰ

天使にならなってやれる。
私の声は身に備わった美、唯一の力、たった一つの望みなのだ。私の声がこの子の人生に続く
魔法の道を開いてくれる。・・・・その声を型造り、永遠に私のものにすることができる。

―スーザン・ケイ『ファントム』より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボール&ボーのコンサートを聴いた勢いで、久々に舞台をブルーレイ鑑賞。

2011年、映画館で上映された「オペラ座の怪人25周年記念公演 in ロンドン」――
海外の極上の舞台を巨大なスクリーンで観られるというごくまれな機会だったゆえ、7年前、
今はなきblogに、筋追いつつねちねち長々と綴った胸やけしそうな記録を思い出し、アップ
(映画館とDVDとでは映像が少し違うのだ)。
続きを読む

Michael Ball & Alfie Boe

「マイケル・ボール&アルフィー・ボー トゥギャザー・ジャパン・ツアー 2018」
が正式名称になるんだろうか。

映画「レ・ミゼラブル」を観て、おおっこれは舞台も観たいぞと買った「レ・ミゼラブル25周年記念コンサート」。そして知ったのである、アルフィー・ボーという歌手を。

…なんとハリのある誠実な美声だろう!

強くて明瞭、でも少しも力みがない。ジャン・バルジャンの「感謝するふりをした」とのセリフに、いや、そんなことはない、あなたも善人なはず…と言いたくなるよな品格ある声音。
アルフィーの“Bring him home”――
ラミンには強い男の慈しみを、JOJさんには大きな男の優しさを感じたこの歌。
鐘の音…と思った。彼の声には。厳かに鳴り響き、癒しを与え給う聖堂の鐘の音。

なにはともあれ、とうとう本当に来たよ!アルフィー・ボー!
チケット取って、半年待って、遂に行ったよコンサート!
続きを読む

「ルパン三世 カリオストロの城」


「カリオストロの城」
「天空の城ラピュタ」
「美女と野獣」
人生アニメはこの三本あればよし、と思う自分である。

日劇が85年の歴史に幕を下ろすこととなり、特別上映会『さよなら日劇ラストショウ』を実施。上映スケジュールの中に「ルパン三世 カリオストロの城」があって――

観た!初めて映画館で観た!
続きを読む

ザグロス車窓より


 昔、10人ほどのツアーでイランへ行ったことがある。季節は冬。首都テヘランから古都イスファハンへ。イスファハンからシラーズ、キャビール砂漠を抜けてヤズド、ケルマーンへ…延々バスを使っての旅である。
続きを読む

カテゴリー: