「帰ってきたヒトラー」


 先日、「帰ってきたヒトラー」を鑑賞。実はこの作品の感想はひと言で済む。即ち、
「笑えるけど、笑えない」

 

 突如、ヒトラーが2014年のドイツに出現。
 1945年のあのヒトラーのままで。
それゆえの彼の戸惑いや驚き、ヒトラーのそっくりさん・ものまね芸人と勘違いされ、遂にはバラエティー番組出演の誘いを受け…とこの辺は「笑える」部分である。
 しかし彼はあのヒトラーだ。
現実を認めると新聞を読み漁って情報を得、自分がすべきことを見つけ、ドイツ中を周り人々に尋ねていく。今のドイツの問題は?ドイツ人は何を求めている?…と。まるでドキュメンタリーを見ているようだった。時々ハリウッド映画を見慣れた後でヨーロッパ映画を見た時に感じるテンポの悪さ、流れの歪さがやや気になることは否めないのだけど。
 テレビ出演した彼は演説を始める。
この演説の仕方が・・・・完璧にNHK「映像の世紀」で見たヒトラー本人そのものなのだ。すぐに口を開くのではない。沈黙の力を味方につけるのである。映画「英国王のスピーチ」で、偶然ヒトラーの映像を目にした国王がこうつぶやく場面があった。「演説が上手いな」・・・・そう、小癪なほど気持ちを掴むのが上手く、憎いほど的確に現代ドイツの問題点(それは現代日本の問題点でもあった)を指摘し、ドイツ人の本音を真っ直ぐに突く。やばい…と思った。彼の発言に「間違っている」と言えないのだ。そして歴史を知っているだけに、彼の言葉に人々が惹きつけられていく様子に胸がざわめく。もはや「笑えない」。
 しかし彼はあのヒトラーだ。
彼の所業を記憶に留め、生き抜いてきた人々の存在を忘れてはならない。彼が“本物”であることに誰かが気付く可能性にも・・・・。
 見終わった時、原作を読みたいと思わせる作品だった(映画とはラストが異なるらしい)。