映画「オペラ座の怪人25周年記念公演 in ロンドン」Ⅱ

クリスティーヌに唇を重ねられたとき、涙の塩辛い味がした。しかし、その涙が
クリスティーヌのものか私のものかは分からなかった。・・・・ 私はもう何も
できなかった。もちろん・・・・・・キスがすべてを終わらせたのだ。

―スーザン・ケイ『ファントム』より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この映画自体に休憩はないが、ロイヤル・アルバート・ホールの休憩時間の映像が流れ、間奏曲が奏でられている間がちょっとした息抜きとなる。
続きを読む